ザ・スカルプ5.0c 発毛効果

ザ・スカルプ5.0cに期待できる発毛促進効果

ザ・スカルプ5.0c

 

2014年の登場以来、安定した人気をキープしているザ・スカルプ5.0cには、強力な育毛効果を発揮する特殊な成分が配合されています。

 

このために、かなり進行してしまった状態であっても、回復させられる可能性があります。

 

果たして、この成分の育毛効果はどのような仕組みによるものなのでしょうか?その内容について、説明いたします。

 

 

ザ・スカルプ5.0cに配合されている特殊成分とは?

 

ザ・スカルプ5.0cに配合されているキャピキシルは、ここ数年で最も注目を集めている育毛成分で、現時点では厚生労働省からは承認されていませんが、次世代の薄毛対策の主役となっていくことが予測されています。

 

この成分は、カナダの化粧品開発メーカーのルーカス・マイヤー・コスメティクス社により開発されたもので、4種類のアミノ酸により構成されているアセチルテトラペプチド-3というペプチド化合物と、ヨーロッパで更年期障害などの民間薬として利用されてきたアカツメクサという天然ハーブの花びらから抽出した有効成分ビオカニンAを原料にしています。

 

ザ・スカルプ5.0c

 

これらには、それぞれ複数の育毛効果があるので、組み合わせることにより、さらにそのパワーが増加するという仕組みです。

 

このために、世界90か国以上で薄毛の治療薬として使用されているミノキシジルの3倍の育毛効果を期待できるとも言われています。

 

 

ザ・スカルプ5.0c

 

 

 

アセチルテトラペプチド-3に期待できる育毛効果

 

アセチルテトラペプチド-3は、キャピキシルの2種類の原料の中で主体的な役割を担っている成分で、発毛促進と脱毛予防の両方の効果を発揮します。

 

これにより、薄毛の進行を抑制しながら髪の毛の健やかな成長をサポートするので、見違えるような変化を遂げることが可能となります。

 

なお、アセチルテトラペプチド-3による薄毛改善へのアプローチは、主に次の2点となります。

 

  1. 毛包周辺組織の改善
  2. 炎症性サイトカインの抑制

 

それでは、これらの一つひとつについて見ていくことにしましょう。

 

 

毛包周辺組織の改善

 

髪の毛は、毛包内部の様々な組織が活動することにより、生えたり抜けたりを繰り返しながら徐々に成長します。

 

また、この周辺には複数の種類のコラーゲンなどのタンパク質組織が存在しており、毛包の成長をサポートしています。

 

このために、髪の毛が健やかに成長するためには、毛包および周辺組織が良好な状態であることが条件となります。

 

アセチルテトラペプチド-3は、強力な細胞修復能力を保有しており、壊れたり機能が低下した組織を元の状態に回復させます。

 

これにより、毛包とその周辺組織の状態が改善されるので、髪の毛が成長する土台が形成されることになります。

 

 

 

炎症性サイトカインの抑制

 

炎症性サイトカインとは、免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質の中で、炎症を引き起こす性質があるもののことです。

 

この炎症性サイトカインは、抜け毛を増加させる原因物質の一つで、毛乳頭細胞を攻撃することにより毛母細胞の分裂を阻害します。

 

ちなみに、炎症性サイトカインは、男性の薄毛の大部分を占めているAGAとも密接な関係があります。

 

それは、AGAの原因物質DHTには、炎症性サイトカインを増殖するという作用があるからです。

 

このために、DHTの生産に関与しているU型5αリダクターゼが分布している、生え際から頭頂部にかけての毛乳頭細胞が特にダメージを受けるので、この部分に薄毛が集中することになります。

 

これに対して、アセチルテトラペプチド-3は、炎症性サイトカインの生成を抑制する作用を発揮することが確認されています。

 

その結果、毛乳頭細胞への攻撃が中断されるので、毛母細胞は再び正常なペースで分裂するようになり、新しい髪の毛が作り出されることになります。

 

 

 

ビオカニンAの効果

 

キャピキシルのもう一方の原料であるビオカニンAには、女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似している、イソフラボンというポリフェノールの一種を豊富に含有しています。

 

この成分は、生え際から頭頂部にかけての毛根内部に分布している、U型5αリダクターゼの酵素活性を阻害するという作用があります。

 

これにより、AGAの原因物質DHTの生産量が抑制するので、炎症性サイトカインなどの脱毛要因が誘導される頻度が減少することになり、脱毛症の進行が緩和されます。

 

 

 

ザ・スカルプ5.0cに期待できる発毛促進効果:まとめ

 

このように、ザ・スカルプ5.0cに主成分として配合されているキャピキシルは、髪の毛に関与している様々な生体内物質に対して効果的なアプローチを実行します。

 

これにより、発毛促進だけではなく、抜け毛も減少するので、短期間での急激な回復が可能となります。

 

さらに、これに加えてトータルで40種類以上の有効成分を配合しているので、相互作用による発毛促進効果がさらに期待できることになります。

 

特に、細胞エネルギーの源となるアルギニンやアラニン、グリシンなどのアミノ酸や、細胞分裂を活性化する発酵熟成プラセンタは、その中でも重要なポイントとして機能しています。

 

 

ザ・スカルプ5.0c